画像処理を用いたドローンの屋内飛行

現在のドローンの多くは、GPSから受信した位置情報を利用することにより、安定した機体制御や決まったルートを自動で飛行させることなどが可能になっています。しかし、GPSからの電波が受信しづらい屋内の場合では、GPS以外の方法を使って現在位置を特定させ、更に目的地までの飛行ルートを指示しなければなりません。

弊社では、GPSが利用できない室内や地下でのドローンの自動巡回を可能にするため、マーカーを活用した画像処理による自律飛行を実際に行い、その有効性を検証していますので、本章にて紹介させていただきます。