ビジネスにおけるドローン活用

様々な活用が可能なドローンですが、現状はまだ空撮や操縦レースなど一部の用途に注目されがちで、ビジネスへの活用については知る人ぞ知る、という状況にあります。 ここではそうしたドローンの具体的なビジネス利用について、具体的な事例を挙げながら分析、解説していきます。

また、重要なポイントとしてドローンを飛ばすだけではビジネスになりません。ドローン自体は「飛行する」機械であり、カメラをつけて映像を収集したり、センサー類をつけて気圧やガスなどの情報を収集することができます。そうして収集したデータは、放送などそのまま流す場合を除き、何かしらの加工や分析を必要とします。

たとえば、ドローン搭載カメラで撮影した映像に画像解析を行うことで不信人物を検出したり、スポーツ選手の運動量を計測することができます。ただし、ドローン自体にはそうした画像解析の機能はありませんので、画像解析・画像加工のためのシステムが必要になります。ドローン搭載のセンサー類で収集した情報を、人間が分かりやすい3Dや統計図で表示するなどのデータ分析にもシステムが必要です。 通常、ビジネスによって必要なシステムは変わってきますので、ドローンのビジネス利用を考えるときは、システム会社も交えて検討することをおすすめします。

本サイトを運営する株式会社想画は、ドローンだけでなく画像解析・加工やデータ分析用のシステム開発も得意としております。 システムのご相談などあれば、お気軽にご相談ください。