人口集中地区上空の飛行(千葉県八千代市)

飛行概要

  • 飛行日 / 2016年3月11日
  • 飛行機体 / Phantom2 VISION+
  • 飛行目的 / 不動産分譲地の撮影
  • 許可申請 / 要(人口集中地区)

弊社で初となる、許可承認を得た飛行を実施しました。

飛行エリア 許可書

撮影内容

  • 不動産分譲地全体の撮影
  • 上空からの物件撮影
  • 上空からの分譲地周辺撮影

実績紹介を兼ねて、撮影した映像の一部を公開します。

飛行の様子 撮影映像

※飛行及び撮影映像の公開については、不動産業者様の許可を得ています。

関係法令には十分配慮し、総務省の指導している 「人の顔や車のナンバープレート等プライバシー侵害の可能性がある撮影映像等に対しては、ぼかしを入れるなどの配慮をすること」 「動画に映り込む被撮影者に同意を取ることが難しい場合には、削除依頼に対応する整備をすること」 などの対応をさせていただいております。

あらかじめチェックしたうえで公開しておりますが、もし権利者の方からお申し出があった場合には削除対応できるようにしております。 万が一、公開している映像に問題がございましたらお問い合わせや削除依頼をお願い致します。

まとめ

当日は微弱な風に機体が煽られてしまい、撮影が難航しました。また機体を下降させる際のスピードが速いと今回の映像のように、機体が旋回してしまいやすくなります。 微弱な風であっても、機体が煽られて安定した飛行ができない場合にはすみやかに飛行を中止しましょう。

今回の飛行では、安全確保のためにプロペラガードを装着しています。 プロペラガードを装着することで、プロペラが人や物に衝突した際に被害を小さくできることが期待できます。 一方で、プロペラガードを装着することによって機体が風に煽られやすくなり、飛行の安定感に影響をもたらします。 そういったハードウェアの特性も理解することで、慌てずに状況対応することができます。

ドローンbizではドローンのハードウェアや、許可申請に関するお問い合わせも受け付けております。
当サイト内のお問い合わせフォームもしくは電話番号より、お問い合わせください。